甲府盆地の一部集落には中世以来、村人たちが「はらっぱり」と呼びならわす風土病が蔓延していました。 その症状は発熱、下痢から始まり、時間の経過とともに手足が痩せ細り、皮膚は黄色く変色し、やがて腹水により腹部が大きく膨れて死・・・