お銚子と突き出しを、私の目の前に置いた、彼。そのままの流れで、かごの中から、一番上に乗っているおちょこをつまみ上げて、「これでどうぞ」と私の目の前に置く・・・  おい(–メ)  わざわざそれだけたくさんのおち・・・